NFTとは?

NFTは、「非代替性トークン」と訳されます。

非代替性、とあるとおり、複製が不可能なトークンであり、現在これがアート(絵画)、音楽といった分野で非常な注目を集めているのです。

絵画アートや音楽に対してNFTによる裏付けを行うと、それはコピーの不可能な、唯一無二の作品となります。

そして現在、これらのNFTアートには数十億円以上の値段がつけられ、取引が行われているのです!

金額の大きさは専門家も目をみはるほどで、一部では「NFTバブル」という言葉も出てきています。

このようなNFTアートですが、流通量が増え始めたのは2021年。

つまり、仮想通貨の分野の中でも非常に新しく、そして注目度が今、最も高い分野であると言えます。

NFTトークンは「誰が持っているか明らかな」非代替性トークン

NFTの最大の特徴は、「そのNFTトークンの持ち主は誰なのか」ということが、明確だということです。

これまで流通していたビットコインなどは、通貨そのものに識別子がありませんでした。言わば、その通貨を誰が保有していたか、ということを記名することができず、通貨としてのデータはありましたが、誰のものかということは明白ではなかったのです。

ところが、NFTトークンはそうではなく、1つ1つが独立していて、「誰のNFTか」ということが明確にされます。

このため、NFTトークンには希少性が生じ、その希少性に対して経済的な価値が付加されていく、という性質を持つようになりました。

NFTトークンをアートに紐付けたものがNFTアート

NFTは、所有者を記名できる、固有性のあるトークンである、ということがわかりました。

それでは、現在高額取引が行われているという「NFTアート」とは何なのでしょうか?

端的に言うと、NFTアートとは、NFTトークンが紐付けられているデジタルアートです。

デジタルアートの種類には、絵画はもちろんのこと、音楽、ゲームデータ(アイテムなど)、その他様々な種類が存在しています。

その他様々、と言うのは、その種類が日々増え続けているからです。

NFTアートはまだまだ新しい分野ですので、NFTトークンという技術を使って売買できる商品は日々増加しています。

NFTトークンはユーザー間で売買が可能

NFTトークンの1つの特徴として、ユーザー間で売買可能、という点が挙げられます。

NFTマーケット上で、ユーザー同士で売買が行われていますので、人気のコンテンツはどんどん高額で取引されるようになり、NFTバブルと呼ばれる現在の状況を引き起こしているというわけです。

実際、仮想通貨の現況を見ると、ビットコインは大きく値上がりし、仮想通貨の保有者たちを中心に「これから値上がりをする可能性」の高い「仮想通貨の投資先」が模索されています。

そこで注目されたのが、NFTアートです。

NFTアートには唯一性があり、実際に資金が集まり、これがユーザー間で売買されることで、アートの価格もどんどん上昇しています。

数ヶ月で市場が非常に大きくなり、中には1つのアートに数十億円という値段がついたことで、話題にもなりました。

しかしそれでも、NFTアートの世界はまだまだ始まったばかりで、市場はさらに、どんどん大きくなることが予想されています。

NFTアートは誰にでも出品できる!

NFTアートを作成した人は、誰でもこれを、NFTアート市場に出品することができます。

NFTコンテンツを販売するためのプラットフォームがありますので、オリジナルのデジタルコンテンツを、必要事項を添えてプラットフォームにアップロードするだけです。

2021年はNFTアートの価値が急上昇し、あまりにそれがセンセーショナルだったため、一部では「NFTバブルは、はじけた」等と言われたこともありました。

しかし、何故そのようになってしまったかというと、NFTアートの世界が始まったばかりだったからに他なりません。

開始当初は世界のアーティスト達にも、まだNFTアートという世界が知られておらず、NFTアート市場で取引されていたアートは非常に投機的な、且つ芸術的な観点からはさほどの価値のないものが多かったと言えます。

NFTアートという世界が、複製不可能な、固有の、芸術品の芸術的な価値を保護する役割も果たすものであることがわかってきた以上、今後はNFTアートの世界に実績のあるアーティスト達が参入してくるでしょう。

また彼らのNFTアート作品が、芸術的価値に見合った価格で取引されることで、今以上に市場が盛り上がることは想像に難くありません。

今からアーティストとして、NFTアートに参入していくことのメリットは、次の記事でも紹介していきますので、あわせてご覧ください。

アーカイブ

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。